東進が選ばれる理由を把握しよう!

●有名講師のライブ授業などを利用しよう

予備校を選びたいと考えて東進に興味を持っているものの、自分にとって良い選択肢なのかわからないという方も多くいるでしょう。そのような場合には、メリットについて調べてみるのも1つの手です。特長について把握することによって、自分にとって通うメリットがある予備校なのか判断することにつながります。

例えば東進における特長の1つに、テレビ出演もしているような有名講師がいるという点があげられます。テレビに出演しているような有名講師がいても、授業が受けられるわけではないので関係ないと考えている方もいるでしょう。

確かに直接授業を受けることは難しくなりますが、ライブ授業などを利用するチャンスがあります。そもそもテレビ出演しているような講師は、在籍している中でもトップクラスの方たちです。教え方が上手いなどの実績がある方のライブ授業が受けられるだけでも、価値のある時間になるかもしれません。ライブ授業に興味があるという場合には、どのようなものなのか体験してみるのも1つの手です。

●予備校の自習室を利用するメリット

予備校の自習室などで学習したいと考えたとき、お盆や正月休みで校舎が利用できないというケースも多く見られます。ですがそのような世間的には休みの時期というのは、受験生には関係ありません。特にセンター試験を控えているような高校3年生は、正月休みを取っている場合ではないという方もいるでしょう。そのような生徒の要望に応える形で、東進では年中校舎が無休というスタイルを取っています。

予備校で大切なのは授業内容であって、自習室の設備は関係ないと考える方もいるかもしれません。ですが予備校で授業を受けていれば、簡単に合格につながるわけではないのです。授業内容を理解して自分のものにすることで、志望校合格へ近づくことにつながります。

そこで理解度を高めるためには、授業の前後に予習や復習の時間を確保することも必要です。校舎に自習室の環境が用意されていることで、理解度を高めるための予習復習の習慣を作りやすくなります。また自習室での学習であれば、1人で理解できない点があれば講師に質問に行きやすいというのもポイントの1つです。

●東進なら自分のあった講座が見つかる

東進にはさまざまな講座が用意されていますが、その中でも注目すべき内容の1つに過去問の演習があげられます。特に難関大学の合格を目指す場合であれば、過去問を解いて傾向をつかむことが必要不可欠です。ですが実際に過去問を解いたものの、どのように添削をしたらいいのかわからず困ってしまう方も多くいます。

そのようなときに過去問演習講座を利用することで、解いたものを添削してもらうことが可能です。添削をしてもらったら復習を行って、再び問題を解いて解説授業を受けられます。このようなサイクルを作ることによって、どのような問題なのか理解し解き方を学ぶことにつながります。

また受験で大変な内容として、英単語の暗記をあげる方も多くいます。受験で出てくる英単語を暗記したくても、思うように覚えることができないということもあるでしょう。そのような暗記が苦手な方向けの講座も用意されているので、自分の苦手な分野を重点的に学ぶことが可能です。さまざまなコースや講座が用意されているからこそ、自分の実力や状況に合わせて東進を利用するスタイルを検討できます。

ほかにも利用する特徴として、合宿や冬期・夏期講習が用意されているという点があげられます。このようなオプションに参加することで、効率的に学力を高めていくことも可能です。ただしオプションを利用する場合には、追加料金が発生するので注意が必要です。実際に予備校に支払える金額を考えたうえで、オプションの利用料金まで支払えるのかということを検討して利用しましょう。

●東進が選ばれる理由

実際に東進が選ばれる理由について考えていくうえでは、競合する予備校と比較をするのも1つの手です。比較をして比べることによって、どのような特長があるのかつかみやすくなります。また比較を行う場合には、料金を中心に比べる方も多くいます。

確かに予備校を選ぶうえで、どのくらいのお金がかかるのかというのは大切なポイントです。ですがお金の問題ばかりで考えるのではなく、サービスの質などを考慮することも忘れてはいけません。

サービスの質について考える場合には、評判を参考にするのも1つの手です。評判を参考にすることで、東進に通った経験がある方の意見を考慮したうえで選ぶことにつながります。実際に通った経験がある方であれば、どのようなメリットとなる特長があるのかチェックすることができます。利用者のメリットを考慮したうえで、自分に合った予備校なのか考えるようにしましょう。

自分に合っている予備校の選択肢というのは、1人ずつ異なります。そのため誰かにとって良い選択肢を探すのではなく、自分に合った予備校を見つけることが必要です。自分に合った選択肢を見つけられるようにするためにも、さまざまな視点から把握することでより良い選択をすることが期待できます。        出典元「東進MSG評判