成長期を過ぎた身長を伸ばすには

身長は中学生や高校生といった成長期に伸び、また、伸ばすチャンスでもあります。

この時期の生活によって伸び方に大きな違いがでてくるでしょう。

ただ、成長期を過ぎてしまうと伸びなくなるかと言えば、そういうわけでもありません。

親の身長が低いと子供も低いという家族を見たことがある人もいるでしょう。

しかし、遺伝が与える身長への影響は25%~30%と言われているので、すると遺伝要因は4分の1ほどしかありません。

実際に遺伝よりも栄養補給、十分な睡眠、適度な運動の影響が大きいとされています。

つまり、生活環境の違いです。

家族は同じ環境で生活するため、親の生活が子供の成長に影響を与えていると考えられます。

鍵は成長ホルモンです。

栄養、睡眠、運動をきちんと行うことで成長ホルモンが分泌されて身長が伸びていくでしょう。

大人になってしまうと成長期に比べて努力が必要ですし、伸びたとしても10cmも20cmも伸びることはありません。

しかし成人してから身長を伸ばすには成長期と同じように栄養補給、十分な睡眠、適度な運動が必要不可欠になります。

成長ホルモンは眠っている時に作りだされるため、質の高い睡眠を取ることが重要です。

質の高い睡眠とは深い眠りにつくことです。

寝る子は育つと言われているように、寝る大人も育ちます。

運動では、よくバスケットボールなどジャンプをするスポーツほど伸びると言われています。

他には自転車やジョギングも同じ効果が得られると言われています。

栄養素でいえばカルシムが良く知られていますが、大人の場合は亜鉛の摂取に着目してみましょう。

亜鉛は骨の成長に関与するタンパク質を合成するミネラル成分です。

もちろんバランスのとれた食事を心がけることが基本ですが、牡蠣、チーズ、レバー、牛肉などを積極的に摂っていくのがおすすめです。

他にはストレスをためないことや姿勢を改善することも大切です。

大人が効率よく伸ばすには、姿勢や骨盤を強制するのが最も早く効果的かもしれません。

歪みが矯正された分だけ伸びるので、ゆがみが酷い人ほど伸びる可能性があり、個人差はありますが5cmほど伸びるケースもあるようです。

整骨院や整体は手っ取り早いですが、自宅でやるならストレッチやヨガがあります。

適度な運動にも繋がりますし、一石二鳥かもしれません。

逆にしてはいけない習慣は睡眠不足、ストレス、甘いものの取りすぎなどがあります。生活を見直して健康的な生活を送りましょう。

 

※身長を伸ばすサプリメントもおすすめ→http://xn--88j2b6lyexd292t732bpi6c3wam41c.com/supli.html