愛犬を大切にする人が選ぶカナガンドッグフードとは

最近は健康志向のため、食べ物をよく選ぶという人が増えてきています。
口にするものだからこそ、体に本当に良いものを選びたいと思うものです。

これは家族のように大切にしている愛犬についても同じで、愛犬家は愛犬のために良い食事を準備したいと思うものです。

そんな愛犬家が好んで選んでいる食べ物として、最近人気になっているのがカナガンドッグフードです。

なぜカナガンドッグフードは、多くの愛犬家から選ばれているのでしょうか?
1つには、単純に人気があるという点を挙げることができます。

愛犬家からの評価や口コミが非常に良いので、あまり内容は分からないけれどカナガンドッグフードを選んでいるという人も多いでしょう。

しかし、カナガンドッグフードには選ばれるだけの理由があります。
使用している材料の質の高さには定評があり、人間が通常食べるような材料を使ってドッグフードを作っています。

ですから、カナガンドッグフードで使っている鶏肉を1つ例にとってみると、鮮度が非常に良いものを使っています。鮮度が非常に良いからこそ、ワンちゃんは必要としている栄養成分をたくさん摂る事ができます。

例えば、ビタミン、たんぱく質などの成分はワンちゃんが風邪を引いたり、病気にならないように免疫力を高めてくれます。
ですから愛犬家の方はフードにも気を配ってあげてくださいね。

ほかにもカナガンドッグフードには人間が健康のために使用しているような海藻も含まれています。海藻にはワンちゃんの新陳代謝を良くしてくれる「ヨウ素」も摂ることができますし、健康には欠かせないミネラルもしっかりと含まれています。

そして、サツマイモも含まれていることで食物繊維を摂ることもできますので、ワンちゃんがいつでも健康でいられるようにお通じも良くなります。

このような説明をしていると、人間の食べる食事を紹介しているような錯覚になるほどカナガンドッグフードの成分、栄養素は飛び抜けて良いものです。

まさに、ドッグフードの中では別格の存在のようです。

家族同然のような存在でもあるワンちゃんですから、できるだけ長い間元気でいてほしいですし、ご飯もしっかり食べてほしいですよね。

ドッグフードは驚くくらいたくさんありますので選ぶのが困難なのですが、その中でもカナガンドッグフードは優れた商品だと思います。安心できる環境で製造されていますし、使用されている原料も良いものですから、注目せざるを得ません。

 

グレインフリーのドッグフードが良いとされる理由

ペットの消化器にやさしい動物性タンパク!

ペットフード、とくに犬猫用のドライフードには嵩増しがしやすいために穀物が使われております。

猫はもともより肉食性の動物ですが犬も雑食と思われがちではありますが、本来は猫と同様に肉食性であり、その消化器は植物性栄養物の消化よりも動物性の消化に向いたつくりとなっております。

ペットフードメーカーとしてはコスト的なアドバンテージとして肉よりも麦などの植物性タンパクを使った製品がメインとなっている傾向があり、「ペットの健康」を謳った商品キャッチコピーには少々疑問が残る現状となっております。

そのような中、犬や猫が本来必要とすべき栄養素である動物性タンパク質を中心に作られたペットフード、「グレインフリー」のペットフードが登場してきました。

これらのペットフードは犬や猫の消化器にやさしく栄養吸収を効率よく高める効果があり注目を集めております。

まだこれらグレインフリーのペットフードは残念ながら日本では少数のブランドしか流通しておらず、手軽に購入できるとなるとカナガンドッグフードなどに限定されておりますが今後増えてくる可能性もあると思われます。

少量で高栄養価、ダイエットフードとして

グレインフリーのカナガンドッグフードの特徴としましては、その栄養吸収率が良いために少量でも充分な栄養価をペットに与えることが可能になります。(公式サイトに与える目安量が書かれているので参考にしましょう)

ペットの肥満は心臓に負担をかけ早逝の原因になるほか、四肢の変形などを引き起こす原因にもなりかねません。室内飼いの場合などは外飼いに比べ運動不足になりがちなこともあり、ペットは肥満になりやすい傾向があります。

対策として単にエサの量を減らすという方法やカロリーの高いエサから低カロリーのエサに変えるということで肥満を防ぐという方法もありますが、エサの量を減らすことにより栄養の偏りや好き嫌いによってエサを食べないという弊害も発生してくる場合もあります。

カナガンドッグフードをペットのダイエット用のエサとして推す理由には、栄養価の高さと良質なチキンが使用されているというものがあります。

2kg入りで4000円と若干高価に感じるフードではありますが、意外とランニングコストも安く済むのもポイントなのです。

好き嫌いが多いというペットのダイエット食として非常に向いており、ダイエット用のエサを食べてくれないという犬に一度試してみることをオススメいたします。

ダイエットについては人間同様、無理なく行うようにしてくださいね。