出会いはどこにあるか知りたい

出会いを探している人はとても多いと言われていますが、なかなか出会えないものです。
そのため、尚更出会いを求める傾向にあるとも言えます。

仮にですが、簡単に出会いを果たせるのであれば、求める必要などありません。
簡単に手に入れる事が出来るものを求めるような人はなかなかいません。
ですが、なかなか簡単には得られないものだからこそ得たいと思う人が多いのです。

そのため、出会いをと考える人が多いのも解らない話ではありませんが、そもそも出会いはどこにあるのか。
なかなか出会いが無いと嘆いている人にとって、出会いがどこにあるのかは気になる部分かと思われるのですが、ではどこにあるのか。
これは極論かもしれませんが「どこにでもある」と言えます。

異性の存在がある所に出会いがあると言っても決して過言ではありません。
出会いに発展するかどうかは人それぞれですが、異性がいれば出会いに発展する機会があるとも言えます。

例えばですが、お互いが惹かれれば立場やシチュエーションなど関係なくなるはずです。
むしろ障害があった方が燃えると思う人もいるはずですが、相手に魅力を感じていないのであれば、それは出会いには発展しないはずです。

どこに出会いが待っているか解らないという事実は、言い換えればどこにでもあるとも言えるのです。
自分の魅力次第で出会いになるケースもあれば、友情で終わるケースもありますので、どこに出会いがあるのかを探すのではなく、自分自身の魅力を磨く方が大切とされているのです。

そもそも、一般論として囁かれている話は、人への配慮が出来る人はモテるものです。
ですが、配慮よりも自分を解ってもらいたいという気持ちの方が強くなってしまうため、相手を受け止めるよりも自分を受け止めて欲しい。

そのような気持ちの方が強まってしまうのです。
相手を受け止めようとする人は、相手から「この人と一緒にいたい」と思われるようになるのですが、相手に受け止めてもらいたいと思っている人ですと、どうしても自分の話ばかりとなってしまう。

それが結局は相手に「自分ではなくとも良いのではないか」という思いを抱かせてしまい、結果、なかなか良い出会いに恵まれないと言う印象となってしまうのです。

つまりです。
出会いというのは結局の所自分次第なのです。
良い相手と同じ時間を過ごしても、出会いにまで発展させる事が出来る人もいれば、その場限りで終わってしまうケースもあります。

その分岐点は、結局のところ魅力次第ですが、ではその「魅力」とはどのようなものなのかと言えば、自分自身で思うものではなく、相手からどのように思われるものなのかなのです。

もちろん全てがそのようなシチュエーションとは言いませんが、このように思っている人は多いですから、出会いたいのであれば、自分の事を押し付けるのではなく、まずは相手を受け止める事です。

それが良い出会いの第一歩で、次第に興味を持たれるようにすべきなのです。