LastRootsから見た仮想通貨

仮想通貨について

最近、仮想通貨という言葉を様々な場所で聞こえるようになりました。

日本でも代表的な仮想通貨のひとつであるビットコインを取り扱う場所が増えてきています。

これから仮想通貨は私たちの身近にどんどん浸透して行き、私たちの身近な存在へと変わっていくでしょう。

では仮想通貨とは何なのか気になる人はこれからどんどん増えていくことになるでしょう。

今、世界は仮想通貨を新たに作ろうという流れが出来つつあります。

そして、日本でも新たな仮想通貨を作ろうとする動きが出てきました。

その企業のひとつにLastRootsという企業があります。

この会社を通して仮想通貨とはいったい何なのかを見ていきます。

LastRootsという企業とは

このLastRootsという企業はc0banというブロックチェーン技術を使用した仮想通貨を作り、世界に広めていこうとしています。

(参考:LastRoots 評判

ブロックチェーン技術とは仮想通貨の主な特徴のひとつであり、そしてこの技術が仮想通貨の最大の特徴であるといえるでしょう。

ブロックチェーン技術とは一言でまとめると分散型の台帳であるといえることが出来ます。

今までの方法は主に銀行がひとつの取引台帳を管理しそこから手数料や管理費等を徴収していました。

つまり、今まではひとつの台帳しかありませんでした。

しかし、ブロックチェーン技術を使ったc0banでは、c0banを持つ私たち一人一人が台帳を持ち管理し、そして共有することになります。

つまり、私たち一人一人にそれぞれ台帳があり、これらは互いに情報をやりとりすることによって情報交換が行われます。

なので、ある場所で取引が行われると全ての台帳で一斉に情報交換が行われ、全ての台帳で情報更新が行われます。

こうして互いの台帳は常に情報が共有され、それによって不正が行われないようになっています。

分散型台帳制度の優れている点

この分散型台帳制度は従来の銀行がひとつの台帳を管理する制度より優れているところがあります。

それは台帳の管理費用です。

従来の管理制度では全ての情報を一箇所にまとめて管理しなければなりませんでした。

なので、銀行は巨大なサーバールームを持たなければなりません。

また、事故や災害に備えてより安全な環境を構築することを求められます。

なので銀行は膨大な管理費用と維持費がかかります。

これらの費用は最終的に私たち一人一人が銀行の手数料という形で払わなければなりません。

その一方でc0banでは台帳は私たちが持っているので維持費がかかりません。

なので、c0banが使う人が増えれば増えるほど最終的に私たちはより安い手数料で取引が出来るようになります。

なので、今後仮想通貨は普及するというのは私たちにとって良い環境へと変わっていくでしょう。